仲介手数料の値引きは可能か

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

電卓家を売る際に、不動産会社が得る仲介手数料は、成功報酬であるため、売買契約が成立しなかったり、無効、取り消しになったりした場合は支払う必要がありません。
しかし、契約後に売主や買主の個人的な事情によって解除した場合、不動産会社に落ち度がない場合は、仲介手数料を支払う必要があるとされています。
仲介手数料は、不動産会社にとって重要な利益となるため、違法な取引が横行しないよう、法によってその上限が定められていますが、下限については規定されていません。
つまり、不動産会社によっては、仲介手数料について値引き交渉することが可能であると言えます。

仲介手数料の値引き交渉をするのであれば、媒介契約を締結する前までに行う必要があります。媒介契約時の契約書に仲介手数料が記載されるため、契約締結後の値引きは困難となります。高額な物件の場合、買主がすぐに見つかるような魅力的な物件の場合は、仲介手数料の値引きが可能となる場合もあるかもしれません。
しかし、仲介手数料の値引き交渉よりも売却価格を少しでもあげてもらう交渉をした方がメリットは大きいでしょう。また、これらの交渉が気軽にできるような関係が構築できる、信頼のおける不動産会社を選ぶことが第一と言えるでしょう。