仲介手数料の値引きは可能か

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

電卓家を売る際に、不動産会社が得る仲介手数料は、成功報酬であるため、売買契約が成立しなかったり、無効、取り消しになったりした場合は支払う必要がありません。
しかし、契約後に売主や買主の個人的な事情によって解除した場合、不動産会社に落ち度がない場合は、仲介手数料を支払う必要があるとされています。
仲介手数料は、不動産会社にとって重要な利益となるため、違法な取引が横行しないよう、法によってその上限が定められていますが、下限については規定されていません。
つまり、不動産会社によっては、仲介手数料について値引き交渉することが可能であると言えます。

仲介手数料の値引き交渉をするのであれば、媒介契約を締結する前までに行う必要があります。媒介契約時の契約書に仲介手数料が記載されるため、契約締結後の値引きは困難となります。高額な物件の場合、買主がすぐに見つかるような魅力的な物件の場合は、仲介手数料の値引きが可能となる場合もあるかもしれません。
しかし、仲介手数料の値引き交渉よりも売却価格を少しでもあげてもらう交渉をした方がメリットは大きいでしょう。また、これらの交渉が気軽にできるような関係が構築できる、信頼のおける不動産会社を選ぶことが第一と言えるでしょう。

仲介手数料の仕組みと額

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家と不動産屋家を売る際の諸経費のなかでも最も大きな費用となるのが仲介手数料です。
家を売る際には、まず仲介を依頼する不動産会社と買い手を紹介してもらうという媒介契約を結ぶことになります。
不動産会社は、買い手を探してなるべく売り手の希望売却額に近い値段で売ることに努め、契約が成立した際に仲介手数料を得ます。
仲介手数料は成功報酬とも言われるもので、不動産売却の手数料として支払われるものです。
契約が成立した段階で支払いが必要となる仲介手数料は、宅地建物取引業法によって上限が定められています

  • 200万円以下 → 5.4%(5%+消費税)
  • 200万円超 400万円以下 → 4.32%(4%+消費税)
  • 400万円超 → 3.24%(3%+消費税)

不動産会社は売主だけでなく買主とも契約交渉を行うため、仲介手数料は双方から支払われることになります。つまり、売主、買主を1社の不動産会社のみで契約を成立させた場合は、1件の契約で買主、売主の両方から同時に仲介手数料を得ることができるのです。
不動産会社は、売主に対して、物件を店頭やホームページで掲示、掲載して買主を募集するとともに契約書や重要事項説明書の作成、引き渡しなどを行います。一方、買主に対しては、物件の紹介、物件購入にかかるローンの審査や手続きのサポート、引き渡しなどを行います。


参考資料[家を売る
不動産売却の仲介手数料について参考にさせていただいた「家を高く売る研究」です。

家を売る際にかかる諸費用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

電卓とメモ家を売る際には、少しでも高く売りたいと考えるのは当然のことです。しかし、売りに出す家のローン残高と新居購入の頭金ぐらい出るのではと安易に考えるのは危険です。
不動産会社に依頼した査定額だけで計算して「捕らぬ狸の皮算用」をしていると結果的に赤字となり、手出しが必要となることさえあり得るのです。
なぜそのようなことになるのかは、家を売却する際に諸費用がかかることを理解していないことが原因なのです。
家を売る際には、売却額を得るだけではなく、支払はなければならないさまざまな費用が発生します。
まず、不動産売買契約書の作成には印紙税がかかります。売買契約書に切手に似た印紙を貼って、売主と買主で印紙を割り印することで印紙税を納入したとみなされます。
税込みで、500万円以上1,000万円以下の場合が1万円、5,000万円以上の売却額となると6万円の印紙を購入する必要があります

家を売却した際の譲渡益に対して所得税や住民税も課税されます。また、登記に関係する諸費用もあります。
登記とは名義変更を意味するものであり、登記をすることによって建物や土地が自分の所有物であることを証明することができるものです。
住宅ローンの返済が残っている場合には、抵当権を抹消する必要があるため、そのための費用の支払いも必要となります。
登記関係書類の作成は複雑で高い専門性を問われるため、司法書士に委任するのが普通です。その際に、司法書士に支払う報酬の支払いも必要となります。また、最も高額な費用を支払うことになるのが不動産会社に支払う仲介手数料です。