家を売る際にかかる諸費用

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

電卓とメモ家を売る際には、少しでも高く売りたいと考えるのは当然のことです。しかし、売りに出す家のローン残高と新居購入の頭金ぐらい出るのではと安易に考えるのは危険です。
不動産会社に依頼した査定額だけで計算して「捕らぬ狸の皮算用」をしていると結果的に赤字となり、手出しが必要となることさえあり得るのです。
なぜそのようなことになるのかは、家を売却する際に諸費用がかかることを理解していないことが原因なのです。
家を売る際には、売却額を得るだけではなく、支払はなければならないさまざまな費用が発生します。
まず、不動産売買契約書の作成には印紙税がかかります。売買契約書に切手に似た印紙を貼って、売主と買主で印紙を割り印することで印紙税を納入したとみなされます。
税込みで、500万円以上1,000万円以下の場合が1万円、5,000万円以上の売却額となると6万円の印紙を購入する必要があります

家を売却した際の譲渡益に対して所得税や住民税も課税されます。また、登記に関係する諸費用もあります。
登記とは名義変更を意味するものであり、登記をすることによって建物や土地が自分の所有物であることを証明することができるものです。
住宅ローンの返済が残っている場合には、抵当権を抹消する必要があるため、そのための費用の支払いも必要となります。
登記関係書類の作成は複雑で高い専門性を問われるため、司法書士に委任するのが普通です。その際に、司法書士に支払う報酬の支払いも必要となります。また、最も高額な費用を支払うことになるのが不動産会社に支払う仲介手数料です。