仲介手数料の仕組みと額

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家と不動産屋家を売る際の諸経費のなかでも最も大きな費用となるのが仲介手数料です。
家を売る際には、まず仲介を依頼する不動産会社と買い手を紹介してもらうという媒介契約を結ぶことになります。
不動産会社は、買い手を探してなるべく売り手の希望売却額に近い値段で売ることに努め、契約が成立した際に仲介手数料を得ます。
仲介手数料は成功報酬とも言われるもので、不動産売却の手数料として支払われるものです。
契約が成立した段階で支払いが必要となる仲介手数料は、宅地建物取引業法によって上限が定められています

  • 200万円以下 → 5.4%(5%+消費税)
  • 200万円超 400万円以下 → 4.32%(4%+消費税)
  • 400万円超 → 3.24%(3%+消費税)

不動産会社は売主だけでなく買主とも契約交渉を行うため、仲介手数料は双方から支払われることになります。つまり、売主、買主を1社の不動産会社のみで契約を成立させた場合は、1件の契約で買主、売主の両方から同時に仲介手数料を得ることができるのです。
不動産会社は、売主に対して、物件を店頭やホームページで掲示、掲載して買主を募集するとともに契約書や重要事項説明書の作成、引き渡しなどを行います。一方、買主に対しては、物件の紹介、物件購入にかかるローンの審査や手続きのサポート、引き渡しなどを行います。


参考資料[家を売る
不動産売却の仲介手数料について参考にさせていただいた「家を高く売る研究」です。